重さが一番大事になってくる

ダイヤの価値基準を決める上で一番重要なのがその重さです。ダイヤモンドは重ければ重いほど、その中の鉱石の密度も高いということになりますから、見た目も美しくなります。カラット数で表される数値も重さを基準にしているため、ダイヤモンドの価値を左右するのはほぼ重さと言っても過言ではありません。ダイヤモンドを売却する際には、重ければ価値も上がっていくので、大ぶりのダイヤモンドは当然のごとく、値段も高くなります。

カット方法も大切な基準

ダイヤモンド買取ではカット方法も大切な基準の一つです。綺麗に輝くように考慮されてカットされたダイヤモンドの場合、エクセレントカットとして価値が非常に高くなります。良いカットを実現できるのは良質なダイヤモンドの証拠でもありますから、カットの良いダイヤモンドは買い取り市場などにおいても重宝されます。ダイヤモンドの値段を決めるのはカラット数だけと思われていますが、実はその宝石のカットの方法も重要な査定基準です。

小さくても価値が高いものがある

ダイヤモンドの中には小さくても価値の高いものがいくつかあります。それはダイヤモンドの中では珍しい色合いを持っていたり、とりわけ輝き方が美しい場合には、プラス査定がされます。ペンダントや指輪に使われている、一見価値がなさそうに見えるようなダイヤモンドでも、査定に出すと思わぬ高値が付く場合があります。鑑定人に判定してもらうと高く売れることがあるのもダイヤモンドの魅力ですから、売却の際には鑑定人に出しましょう。

ダイヤの買取を利用したいのならダイヤ専門の買取業者がおすすめです。専門の知識や技術がある鑑定士が適切な価値の判断を行ってくれます。