お祝いをする時期を決める。

まず七五三を行う時期ですが、数え年か実年齢かで悩む方も多いのではないでしょうか。昔は数え年で行うことが多かったようですが、数えで3歳でも実際は満2歳というケースもあり、かしこまった装いでお参りすること自体が大変だという理由から、実年齢で行うケースも多々あります。子供の年齢は1年違うだけで成長度合いが全然違うので、実年齢で行うほうが親としてもやりやすいというメリットがあります。実際のお参り日は11月15日とされていますが、この日にこだわらず、10月や11月の大安などの縁起のいい日を選んで行うケースも増えてきています。家族でお祝いする場合はみんなの予定が合う日を選んで、お参りの後にお食事会などをしてもいいかもしれませんね。

写真スタジオでの記念撮影。

女の子は3歳と7歳、男の子は5歳で行うと言われている七五三。最近では男の子でも3歳で行うケースも増えてきているようですが、今年お祝いをしようと決めたなら、写真スタジオでの記念撮影はいかがでしょう。初宮参りやお食い初め、誕生日祝いで利用した方もいるかもしれませんが、自分たちでとるスナップ写真とは一味違い、プロの手で撮ってもらうと、自然な笑顔で今までにない表情の写真を残すことができます。着物や袴以外にもドレスやフォーマルなどたくさんの衣装を用意している写真スタジオもあるので、子供たちのテンションもあがることでしょう。写真立てやアルバムといった形でおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントすることもできるので、一石二鳥です。早期割引などのキャンペーンをしている場合もあるので、要チェックです。

お参りの時の服装の手配。

お参り日が決まったら、衣装も手配する必要があります。百貨店や子供服専門店、ネットなどで自前で手配することも可能ですが、写真スタジオで撮影した場合、お参り日の衣装レンタルも同時に行えるプランもあるので、一度だけだからレンタルで十分とお考えの方は利用してみるといいかもしれません。この場合、やはり11月のレンタルは人気があるので価格も高めに設定されていることが多く、お参り日を前倒しするとお得な値段で借りられることもあるので、予算や予定に応じて検討してみるとよいでしょう。また、特に着物や袴でなくても、きちんとしたワンピースやスーツでお参りするケースもあります。子供たちも洋装のほうが立ち振る舞いが楽なのであえてこちらを選択するという考え方もあります。親のフォーマル衣装の手配もお忘れなく。

七五三とは、七歳、五歳、三歳の子供の成長を祝う日本の行事です。三歳と七歳は女の子が行い、五歳は男の子が行います。